自動車保険 安いのはどこ?

安いのはこの条件で探す

車を持つ人や乗る人にとって不可欠といえる自動車保険ですが、保険料が悩みのタネであることも事実です。
ただでさえガソリン代やメンテナンス代など維持費のかさむ自動車ですから、「保険料は少しでも安く抑えたい」「安いのはどの自動車保険?」「今入っている自動車保険よりも安いのは?」というのが本音ですよね。

自動車保険は完全な掛け捨て式の保険。安いのはいいのですが、補償の内容を手厚くしたいとなればその分が直接保険料に反映されてきます。

補償は万全で安心な内容であることが理想ですが、少し見直すことで保険料がだいぶ変わってくる可能性はあります。たとえば車両保険も見直し対象の一つ。

年式が古かったり車両自体の価値があまりないような場合には、車両保険の金額を下げたり思い切って省くという手もあります。
年数が経過していていて車両価値が残っていなければ、万が一事故にあっても高額な修理費用をかけてまで元どおりにする可能性は少ないといえます。

古い車に大きなお金をかけたり保険を使って修理するケースはあまりないというのが実際のところです。
ですから車両保険の金額を思い切ってグンと下げたり、なくしてしまうのもアリなんですね。より安いのはどこかお探しの方なら考えてみるべきです。
もちろんまだ十分車両価値が残っていてきちんと修理して乗り続ける可能性が高いような車の場合には車両保険をかけておくのがおすすめ。

他には人身傷害補償保険の保険金額にも見直しの余地はあるかもしれません。
ただいずれの場合も、もしもの事故の際の補償が若干手薄になるということを念頭において検討する必要があります。

保険料が安いのはこれ

補償はできるだけそのままに、でも保険料を少しでも安いのは?と思うのが当然ですよね。
できれば必要なサービスを付け足したりして今の保険料より上がらないようにしたい。さらに安くお得になるならなおうれしい。
そうお考えならダイレクト(通販)型の自動車保険がおすすめです。

以前から一般的だった代理店タイプの保険と違い、手数料や人件費を省いたダイレクト通販型保険は、その保険料の安さで近年人気を伸ばしてきています。
保険料が安くてもその補償内容は代理店タイプとほとんど差はありません。とにかく今より安いのはどこか・・・とお探しなら間違いなく通販型が選択肢になります。

ロードサービスなども充実しているところも多く、安心して利用できますよ。
インターネットで申込み可能なものが多いですが、どうせなら各社の補償内容や保険料が安いのはどこかを見比べてから最適な自動車保険を選びたいですよね。

そこでおすすめなのが、見積もり一括サイトです。
こちらを利用すれば20社以上の自動車保険がひと目で比較でき、さらにいっぺんに見積もりを依頼できるという便利なサイト。
ネットで必要事項を入力し、そのままリアルタイムで見積もりを見比べることができます。

きちんとした補償でありながら、より保険料の安いのはどの保険なのか見つけたい方にはぴったりのサイトになっています。


公開日:

no image
手がかかる愛車

今自分が乗っている車は2008年に購入した中古車です。ちょうど東京から

no image
煙が出てる…

走行距離10万っていう中古車。 軽なんだけど、トールワゴンっていうの?

no image
夫婦でドライブが大好きです

私と主人はドライブが好きで、独身時代はよく車で出かけていました。 桜を

no image
今年は上信越自動車道で山と高原ドライブ旅

毎年、夏休みは8月下旬にとります。夫婦で山方面へのドライブ旅行が定番。

no image
レンタカーの楽しみ

都会暮らしで、まだ自家用車を購入していない私と夫は、ペーパードライバー

→もっと見る

PAGE TOP ↑